筋トレは体づくりだけでない!筋トレの効果5つ!

エクササイズ

筋トレで期待される効果として、「基礎代謝を上げて痩せやすくする」「カラダを引き締めて美しいボディラインを作る」などが注目されがちです。ほかにも健康作りにうれしいさまざまな効果をもたらしてくれます。今回は、今日からでも出来る、筋トレのうれしい効果を5つご紹介します。

スポンサーリンク

1.「姿勢を正して」肩や首まわりの負担を少なく楽に

筋肉の緊張からくる肩こりや首回りの痛みは、猫背や前かがみの姿勢が原因のひとつです。とくにデスクワーク中心の方は、肩や首の悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

腹筋や背筋など上体の姿勢維持に関わる筋肉をつけ、正しい姿勢をキープすることで、肩や首まわりの負担を軽くするのに役立ちます。

スポーツ<br>ドクター
スポーツ
ドクター

筋肉をつけ正しい姿勢をキープして、肩周辺の負担を軽くしてあげましょう。

2.血糖コントロールに役立つ

筋トレをして筋肉をつけることで、血糖値が気になる方の血糖コントロールにも役立ちます。

血糖コントロールというと、ウォーキングなどの有酸素運動を思い浮かべる方が多いですが、実は筋トレも効果的といわれています。血糖は筋肉で消費されるため、筋肉量が増えることで血糖を処理できる量が増え、結果的に血糖コントロールに役立つのです。

スポーツ<br>ドクター
スポーツ
ドクター

筋トレは、週2~3回行うことが勧められています。負担の少ない筋トレの種類を選び、少しずつ始めてみてくださいね。

3.ストレス解消やリフレッシュに

筋トレをしてカラダを動かすことで、ストレス解消やリフレッシュにも役立ちます。

屋外の運動だと、天候などの理由で取り組めない日もありますが、室内で手軽に取り組める筋トレは運動不足の解消にぴったりです。筋トレで心地よい疲労感を得られれば、快眠の手助けにもなります。

スポーツ<br>ドクター
スポーツ
ドクター

就寝直前の激しいトレーニングは逆効果なので、就寝前は軽めに行うか、就寝の数時間前までに済ませてくださいね。

4.カラダを温めて、冷えにくいカラダに

筋トレは冷えにくいカラダ作りに役立ちます。筋肉量が増えると基礎代謝量が高くなり、生み出される熱の量が増えてカラダを温かく保つことができます。

スポーツ<br>ドクター
スポーツ
ドクター

男性より女性の方が冷え性が多いのは、筋肉量が少ないことが原因のひとつといわれています。

5.むくみ解消に役立つ

健康な人のむくみの原因のひとつとして、筋肉量が少ないことが関係していると考えられています。とくに足のむくみは女性に多い悩みですが、ふくらはぎなどの足の筋肉量が少ないと血液の流れが悪くなり、足がむくむ原因になるといわれています。ふくらはぎの筋肉を鍛えてむくみ解消を期待しましょう。

スポーツ<br>ドクター
スポーツ
ドクター

むくみの対策として、長時間同じ姿勢を避けてカラダを動かすことも大切です。デスクワークの方は、こまめに立ち上がって足の筋肉を動かしてあげましょう。

ポイントー無理のない筋トレから始めよう!

筋トレを始める際は、まずは負荷の軽いものから、無理のない範囲で取り組みましょう。回数や頻度は以下のものが勧められています。

・10~15回程度を反復して行い、1~3セット
・週2~3回程度

「あすけん」より

スポンサーリンク
エクササイズ
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!ポイ活応援ポイントサイト
スポンサーリンク
ハッピーアップ ブログ