エンディングノート

生活

 今、新型ウイルスの拡大をきっかけで「終活」考える方が増えています。終活の方法は様々ですが、最初に始めるのが、「エンディングノート終活」なのでは!今回は成功させるポイントを「終活のプロ」が紹介します。

スポンサーリンク

エンディングノート終活を成功させる4ポイント

多くのエンディングノートでは、項目だけが並んでいて、書く上での心構えや、書く姿勢を説明しているものがほとんどありません。そこで、終活のプロが教える「書き方のコツ」を紹介します。

ポイント1)無理に全ての項目を埋めようとしない

エンディングノートはある意味、人生の集大成です。これまでのことを総括して整理するのですから、その時点ではわからない情報や思い出せない情報も必ずでます、全部を埋めるのに越した事はありませんが、それがストレスになり挫折したら本末転倒です。

イントは一気に埋めずに分かる所から徐々に書いて行きましょう。楽しみながら気楽にやること

ポイント2)できるだけ人と一緒に取り組むようにする

友人と一緒にエンディングノートえお書いたり、家族と夕食の時に悩んでいることを話してみたりする。(人に言えない大切な情報は伝え合う必要ない) 誰かに話すことで自分の考えがより整理されるメリットもあります。

ポイントは書いたことを話題にして家族や友人に話してみましょう。

ポイント3)人生を前向きに考えるきっかけにする

エンディングノートは「死後に家族が様々な手続きで困らないように情報お整理しておく」と思いがちですが、それだけではありません。

書く際に必ず意識して欲しいのは「家族のため」だけでなく「あなた自身」のために重要なものだと言うことです。

エンディングノートを通じて、あなた自身の今までの生き方を振り返り、残りの人生をどう生きたいかを考え、その通りに生きてみてください。

ポイントは残りの人生をどう生きたいかを考えながら書いて見ましょう

ポイント4)定期的に見直して、情報を更新する

エンディングノートは一度書いて終わりでなく、資産や健康の状況なので変更が起きやすいものもあれば、考え方が変わる項目もあると思います。書いた情報が古くなりすぎないように定期的に見直して更新しましょう。

ポイントは一年一回最新の情報を反映しましょう。

ふくろう先生
ふくろう先生

皆さんも考えてみてください‼

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!ポイ活応援ポイントサイト
スポンサーリンク
ハッピーアップ ブログ