エアコン室外機に日除け付けて節電~知恵袋

知恵袋

夏は、エアコンを頻繁に使う機会が多く電気代が気になります。エアコンの室外機に日除けをつけるだけで電気代が節約できるのはご存知でしょうか。ここでは、具体的にどれくらい節約効果があるのか、また節電に効果的な室外機の設置ポイントなどを紹介します。

室外機に日除けをつけるとどのくらい省エネ効果があるのかを紹介しながら、日除けをつけるときの注意点と、エアコン冷房を効率的に使うための室外機の設置ポイントなどを解説します。

日向と木陰の温度差は約22℃もある!

日向も木陰も気温は同じだが、表面温度は約20℃の差で放射熱が違う

気温が30℃のときの地面の表面温度は、日向で約50℃、木陰で約32℃となっています。日向と比べて、木陰のほうが約22℃も低くなります。

エアコンの室外機に日除けをつけましょう!

 室外機に日除けをつけて日陰をつくれば、室外機が暑くなるのを防げます。専用の遮光ネットやすだれなどを使いましょう。樹木を植えて室外機に直射日光があたらないよう、日陰をつくるのもおすすめです。

日除けをつけるときの注意点

  1. 室外機の排気口をふさがない排気口をふさぐと、かえって熱がこもってしまいます。
  2. 室外機から少し離して日除けをつける室外機と日除けが近すぎると、日除けが受けた熱が室外機に伝わってしまいます。
  3. 断熱・遮熱効果が高い日除けを選ぶ日除けは断熱・遮熱効果が高い素材のものを選ぶとさらに効果的です。

エアコンの室外機に日除けをつけて省エネ運転


エアコンは室内の空気からの熱を、室外機を通して外へ排出して室内を涼しくしています。室外機の周りの温度が高いと、室外機から熱を排出しにくくなるので、多くの電力を消費してしまいます。

エアコンの室外機の設置方法を考えよう

室外機の周りはすっきりと!外壁から離して設置する

狭い場所にある室外機からの排気熱を逃がす方法

室外機の周りに空間を作ることが難しい場合は、風除けルーバーを使ってみましょう。室外機から排出される風向きを変えられるので、熱がこもるのを防ぎます。

室外機の周りに打ち水をする

室外機の周りに打ち水をすると、気化熱で地面の熱が大気中に逃げて温度が下がります。

効果的な打ち水の方法として、朝夕の涼しい時間帯に風通しのよい場所で、できる限り広い範囲で行うのがおすすめです。

夏はエアコンの室外機に日除けをつけて省エネ効果アップ!

室外機に日除けをつけて直射日光を遮ると、室外機が暑くなるのを防げるので、エアコンの消費電力が少なく済み省エネ効果が期待できます。また、室外機の周りの風通しがよくなるよう設置して、室外機から排出される熱がこもらないようにすることも大切です。日除け、反射パネルなどが、DYIの店やスーパー,100円ショップでも取り扱っています。

エネチェン」より

知恵袋先生
知恵袋先生

夏はエアコンに日除けをつけて、節電しましょう。

スポンサーリンク
知恵袋
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モッピー!ポイ活応援ポイントサイト
スポンサーリンク
ハッピーアップ ブログ